主な知見

ドイツのエネルギー転換の原動力は、市民とコミュニティーである。

ドイツの人々はクリーンエネルギーを望み、彼らの多くがそれを自分たちで生み出したいと思っている。再生可能エネルギー法は、自然エネルギーによって発電された全電力に対し系統への優先アクセスを保証し、適正利潤を生むよう策定されている。2013年の自然エネルギーへの投資は、半分以上が小口投資家だった。一方、大企業による投資はこれまでのところそれほど多くない。自然エネルギーへの転換は、中小企業を大いに強化し、地域コミュニティーやその住民たちが自らの手で自然エネルギーを作り出せるようにした。ドイツ各地の農村で、エネルギー革命が進行中である。コミュニティーが新規雇用の恩恵を受け、税収を増やしていることは、ユーロ圏での債務危機を経ていっそう重要性を増した。