主な知見

エナギーヴェンデによって、ドイツは産業基盤を維持するだけでなく、それを環境に優しい未来に適合させることを目指す。

ドイツの気候・エネルギー政策は、強力な製造基盤を国内に維持することを目的とする。産業界は、一方ではエネルギー効率改善を促され、もう一方では負担を軽減するために規制の減免措置(中にはおそらく寛大すぎる措置もある)を享受している。よくある誤解に反して、ドイツは自然エネルギーのおかげでエネルギー集約型産業にとって魅力的な場所となった。2012年、風力と太陽光のエネルギーが卸電力市場の価格を10%以上引き下げた。2010年から2013年では32%低下した。電力価格の低下は、事業経費の削減を意味する。鉄鋼からガラス、セメントに至る複数の産業がこうしたエネルギー価格下落による恩恵を受けている。さらに、エネルギー転換のメリットは未来にもおよぶ。太陽光パネル、風力発電機、バイオマス発電所、水力発電所、バッテリーシステム、電力貯蔵システム、スマートグリッド機器、効率化技術の需要は増加し続けるだろう。ドイツは先発者としての利益を享受し、「ドイツ製の」価値の高いエンジニアリング技術を開発したいと考えている。自然エネルギーと省エネに重点を置くことは、事業投資への将来を見越したアプローチの一環である。世界が自然エネルギーに転換するとき、ドイツ企業は優れた技術、スキル、サービスをその市場に投入できるだろう。