主な知見

規制と自由市場が、投資の確実性をもたらし、小企業と大企業の競争を可能にする。

ドイツのエネルギー政策は、市場ベースの手段と規制を組みわせたものである。再生可能エネルギー法の下、自然エネルギー電力は系統アクセスを保証されるため、投資の確実性がもたらされ、家族経営企業や小企業が大企業と競争できる。こうした政策により、グリーン電力生産者は設定された料金で電力を販売できる。料金は「逓減する」、つまり徐々に低下することで将来価格を引き下げる。石炭や原子力による電力と異なり、自然エネルギーのコストは隠蔽されることも、将来世代に転嫁されることもなく、透明かつ直接的である。政府は自らの役割を目標と政策を定めることだと考えている。市場は自然エネルギーへの投資額と電力価格の動向を決定する。消費者は自由に電力事業者を選べるため、低価格の電力を購入したり、100%自然エネルギーを提供する事業者に切り替えたりできる。