主な知見

エナギーヴェンデはドイツにとって経済的であり、将来的には他の国にとってもますます経済的になるだろう。

ドイツは、自然エネルギーに移行するデンマークや他の先駆的な国々と同様、自然エネルギー利用における国際的なリーダーシップの役割を果たすことで経済的利益を受けている。ドイツは世界最大の国内太陽光発電市場を創出した。ドイツの取り組みと中国の大量生産が自然エネルギーのコストを世界規模で削減する助けとなった。ドイツでは、太陽光発電の導入システム価格が、2006年から2012年半ばにかけて66%急落した。コストが低下したため、他の国にとって自然エネルギーへの投資ははるかに安くなるだろう。それに加えて、ドイツよりも太陽光資源が豊富な国はたくさんある。同じ太陽光パネルでも、日照が多いため最大で2倍の電力を発電できる国もある。