エネルギー転換 ドイツのエナギーヴェンデ

エナギーヴェンデの歴史

ドイツのエナギーヴェンデは、2011年に生まれたわけではない。1970年代の反原発運動を発端として、保守派、自然保護活動家、環境保護団体から教会までが、一つにまとまって始まった。その後、オイルショックとチェルノブイリにおける原発事故によって、代替エネルギーの模索、ひいては固定価格買取制度の構想へとつながった。