エネルギー転換 ドイツのエナギーヴェンデ

主要課題の技術的側面

ドイツは、化石・原子力エネルギーから脱却して自然エネルギーへ移行することを決定した。しかし、そのプロセスは想像以上に複雑なものである。何よりもまず、効率化と省エネによってエネルギー消費を減らすとともに、その消費量を供給に合わせて調整しなければならない。その上、これまで単なる消費者だった人々が、今後はエネルギー生産者の役目も担っていくという状況が加速していくだろう。