質問と回答

ドイツはどのようにして環境保護を主導しながら産業大国であり続けることができるのか?

自然エネルギーは、企業が支払う電力の卸売価格を引き下げ、エネルギー集約型産業は、自然エネルギー電力の賦課金を大幅に免除されている。したがってエネルギー集約型産業は、自然エネルギーが供給するより安価な電力の恩恵を受けている。

重工業もこれ以外のいろいろな形で自然エネルギーの恩恵を受けている。風力、太陽光、バイオガス、地熱電力などの技術は、従来の産業にビジネスチャンスを与える。たとえば、風力発電機メーカーは、現在自動車部門に次いで2番目の鉄鋼購入企業である。 ドイツの数多くの経営不振の港湾も、 洋上風力部門を見据えて態勢を整えている。太陽光部門は、ガラスやセラミックなどの産業を支え、農村はバイオマスだけでなく、風力や太陽光の恩恵も受けることになるだろう。 銅・アルミ部門も自然エネルギ ーへの転換による恩恵を受ける態勢を整えている。このように、自然エネルギーへの転換は、太陽光発電製造業のような新たな産業を発展させるだけではない。自然エネルギーの技術は、従来の産業が自然エネルギーの未来へ向けた転換の一翼を担うビジネスチャンスも提供している。

全体的に、ドイツの人々は、ハイテクのグリーン技術をこれからの産業と考え、環境保護と経済が矛盾するとは考えてはいない。